IT技術の著しい進歩がエンジニアの就職に影響してます

IT系企業への就職と一口に言っても、職種は様々あります。ここではSE・プログラマについて書いています。

IT技術の著しい進歩がエンジニアの就職に影響してます

IT系企業への就職について

IT系企業への就職といっても、職種は多岐にわたります。営業、SE、プログラマ、保守、修理など様々です。ここではSE、プログラマへの就職について書いてみます。SEやプログラマへの就職自体は意外と難しくないかもしれません。いろいろな学部の学生へ門戸が開かれています。しかしながらSEやプログラマは一時期35歳定年説などという言葉も流行したくらい、技術についていくのが大変な職種です。かくいう私もSE兼プログラマですが、30歳を過ぎて既に最新技術にはついていけなくなってきています。さらに、最新技術を大学、専門学校で学んだ優秀な人材がどんどん供給されますから、言語知識や技術だけでは食べていけなくなってきています。

それでは何が必要かというと、この業界でよくいうコアスキルを身につけることが大切です。顧客の業界慣習、商取引などでもいいですし、何かの言語知識でもいいですし、プロジェクト運営技法でもかまいません。自分の売りはこれだというものを確立して、枝葉のように他の知識・技術を身につけていくことが必要です。ある程度の年齢になると、ちょっと言語をかじったことがあるというような広くて浅い知識では太刀打ちできなくなってしまいます。この技術ならあの人に聞けば大丈夫だというスキルを早いうちに身につけることが必要でしょう。

私は売りにできる技術がまだなく、日々苦戦しています。私の勤務先ではそろそろプロジェクト管理を行う能力が必要とされていますので、その点を中心にスキルアップを図っていきたいと考えています。今は、外国に開発をアウトソーシングしてしまうことも増えていますので、プロジェクト管理は重要な能力の1つだと考えます。
Copyright (C)2015IT技術の著しい進歩がエンジニアの就職に影響してます.All rights reserved.